日本中を沸かせたラグビー、負けはしましたが
これまでまったく興味も、ルールも知らなかった多くの人に
その競技を知らしめたことは紛れもありません。

私自身はスポーツは見るのも、やるのも駄目なつまらない男ですが
余計なことへの好奇心、興味だけは人一倍かもしれません。

だから今回最も関心を持ったのは…試合でも、勝負でもなく
「フットボール」と「ラグビー」の違いって何?
という命題でした(笑)

実はあちこちで、熱狂中の人に聞いてみたのですが
案外、的確に、自信を持って答えてくれた人は
ほとんどいませんでした。

そこで、あれこれ調べた結果をお知らせしようと思います!

ところが、これが結構国ごとに見解が違っていたり、
人によって解釈が違っていたりして、案外奥が深くて
キッチリと答えられるような簡単な命題ではありませんでした…。

そこで超アバウトに自分流に納得した答えを言えば。。。。

フット=足を使う、「サッカー」「ラグビー」「アメリカンフットボール」等々
すべて「フットボール」と言うことのようです。

どの国でも「ラグビー」は「ラグビー」ですが、
イギリスでフットボールと言えば「サッカー」を、
アメリカでフットボールと言えば「アメフト」を指すらしいです。

競技歴史の浅い日本では「フットボール」と言われても
別の競技?みたいに感じても仕方ないことかもしれません。

以上、スポーツ音痴が超アバウトに理解した
「ラグビー」の世界の端っこでした。。。