2月と言うと、悲喜こもごもの受験のシーズンです。
朝の通勤でも大きなバックを背負った子供たち、お父さん、お母さんを
見かけます。

緊張して無言の親子…よりは、長い受験勉強期間が終わり
ようやくこの日が来たと言うような、心なしか晴れやかに談笑する
姿が印象的です。

泣いても笑ってもひとつの終わりがきて、新しいスタートが始まります。
結果がどうあれ、これがゴールではないのですから
長い人生の糧になればと思います。

私自身は一浪を含め大学受験を二度経験しています。

今思うことは。。。。案外楽しかったと言うことでしょうか。。。

もっと真剣に勉強していればとか、もう一回やり直してもっといい学校に行きたいとか
そういうことは考えません。

これから始まろうとする未来を前に、色々な想いを描きながら
深夜ラジオのお悩み相談を聞いて、泣いたり笑ったりしていた
あの頃が、今思えばとても輝いていたように思えるからです。

希望した学校に入ろうが、そうではない学校に行くことになろうが
それが終わりではないのですから、結果を恐れず、捕らわれずに
毎日を大切にしましょう!

受験生の皆さん、お父さん、お母さん、お疲れ様でした!