初めまして!大工工事部の沼沢と申します。

当社での考えとして
(当たり前のことだとは思いますが)
型枠大工の職人としての良し悪しは、設計士や監督、施主との密接な関係を築く事だと思ってます!

特に、建築現場では高い精度と確実性が求められております。

型枠大工職人は設計士とのコミュニケーションを密に取り、それぞれのニーズや要望を把握し、適切な技術や材料を使い分けながら、より高い品質を追求しています。

さらに、近年では、環境に対する意識の高まりや省エネルギー化の必要性など、社会的要請が強まってきています。

私達、型枠大工職人は設計士とともに、そうしたトレンドやニーズにも追随しながら、施工側(現場レベル)から品質向上にも貢献しております。

それによりコスト面にもプラスに働く事も多いにあるんです。

さらに最新技術や環境に配慮した材料、施工方法などを的確に判断し、実践することも欠かせません。

まとめますと、チームワーク良くコミュニケーション良好な関係性を築けるからこそ、激戦区東京で生き残っている!

それがRCdesignという会社であります!

実は今週から金曜日のブログを
大工職人が担当する事になりました!

良い機会なのでまず初めに現場からのお客様に対する思いを伝えようと思いました!

コレからも当ブログと共によろしくお願いします!

良い週末を!笑
377C1B10-77B2-4DFF-B272-D0A248A1C1B7


C58C9215-F339-4AAC-9B39-5228C4C6F889