木曜日担当の大森です、が、
地震に驚いてるうちに日付が変わり
金曜日になってしまいました(--;)

足立区は震度5強で、
吊り下げた照明が振り子のように
大きく揺れておりました。
人生で1番大きな地震です!

というのも私の出身地である岡山県、
災害が無い県として有名で、
首都移転計画の候補地に選ばれているほど…
台風も何故か岡山には気を使って避けてくれます。

そこから高知県に移り住んでからは真逆の生活。
降水量171mm/hの鉄砲雨を浴びたり
風速48m/sの台風で家の中でも命の危機を感じたり
極めつけには南海トラフ大地震の予想が出され
来たら津波で一帯が沈むから高台に逃げろと言われ
震度3にもビビって飛び起きる日々でした…

ただ岡山よりも防災意識が高く、
”身を守る為の建築”
という考えが根深いのは興味深かったです。

室戸にある要塞のようなまち、高岡集落も独特で
住宅が刑務所のような高いRC壁(元は石垣)に囲まれ
道行く人の目を見張る風景を完成させてます。

IMG_1574

もちろん防災に強いRC造の住宅も人気でしたが、
県の84%が森であることを生かし、
CLT工法と呼ばれる構造の木造にも注力しておりました。

IMG_1575


そんな環境から東京に来て1発目の地震。

「すごい揺れてるなあ」みたいな感覚しか無く
あれが首都直下型地震だったらおそらく
何も出来ずに誰かの助けを待つだけだったでしょう。
高知の頃の教訓を思い出して、
建物側のハード面で出来ることは無いかの確認や
週末にでも防災グッズを買いに行きたいと思います!