コロナ禍も長くなり、高齢者には精神的にも辛い日々が続いています。

先週、家にいるばかりで、ちょっとウツ気味の母を見舞いに浅草に行きました。
行った時くらいはいっしょにお昼を食べに出かけないと
日常の買物もままならずで、生活にも支障が出ます。

この日は雷門を通り過ぎてすぐの、鰻の「川松」さんに行きました。
浅草には幾多の鰻屋さんがありますが、ここも歴史のある
大変美味しいお店です。

私はヨチヨチ歩きの頃から、父母に連れられて良く来ましたが、
多々ある鰻屋さんの中でも、大好きな味のお店です。
甘すぎないタレがいいんです!

セットで出る刺身も美味しいし、何より香の物が…昔懐かしい味で…

いっしょにご飯に行くと、母は絶対私に払わせません。
「子供に食べさせるのが母の務め」信念は揺らぐことがありません。
「働いているんだから、鰻で栄養を付けなければ」が口癖です。
私はもう爺さんなのにねぇ…(笑)

こんな時はいつも以上に、これまでの自分の親不孝が身に沁みるのです。。。
川松鰻川松