今日の出勤時の地下鉄車内でのお話です。
いつもの車両は座席に空きが無く、本日も毎度のつり革に。
私が立つと、前の座席に座っていた、180cmを優に超える
ガテン系と思しき青年と、チラと目があいました。
 瞬間、この青年は「高齢なら席を譲ろうかな…」と思ったのでしょう。
何故かその気持ちが伝わってきました。目が優しいんです。。。

 金髪の髪をてっ辺で束ね、マスクの上から覗いた目が優しい。
彼の基準で、私は老人に入らなかったのでしょう。
譲られることはありませんでしたが(何故か嬉しい…笑)

 私も遠慮してドア側に移動したら、小学生の女の子とお母さんが
乗ってきました。その青年は迷うことなく立ち上がって
席を譲ってました。。。思わず笑顔になってしまった。


 「目は口ほどに物をいう」と言う諺は大げさじゃありません。
「目は心の窓」なのです。
日々忙しさと疲れから、瞳の輝きを失っていないか…
細くて貧相な目ではありますが、気を付けたいですね。
そして優しい人間でありたい…あり続けたい…そう思う一日でした。