こんばんは。
火曜日担当、事務の佐々木です。

先日、長女と大学のオープンキャンパスへ行ってきました。
昨年はコロナで行けずオンラインのみ
今も緊急事態宣言中なのでオンラインに変更になったりと
実際に足を運んだのは、まだ2校。

その中の1校
重要文化財の正門。
明治10年頃に建てられた鋳鉄製の門。
明治25年頃に現在の場所へ移設され
昭和48年に重要文化財に指定されたとのこと。

デザインをよく見てみると
和洋折衷なデザインと朱色の風合い
重工感があるけど上品で優しい雰囲気が
とても素敵だなと思いました。
5F246C66-F4CC-40E0-A9D0-88109D72AD97


ちなみに長女が通っている高校も
東京都の近代建築危機遺産リストの候補になっている
木田保造によって昭和8年に建てられた校舎です。

天井も低く
階段もとても低く
開口の幅も狭いのですが
アーチ形の玄関であったり
タイル貼りであったり
深紅の絨毯であったり
クラシカルでとても可愛らしい校舎です。

数年後には
新校舎になってしまうのですが
(現在の校舎は残すとのこと)
今の校舎に通えて良かったと
長女は言っております。

経年による建物の風合いや
大切にされてきた建物の歴史は
愛らしいなと思いました。
EDD3C7C1-EEAF-4C8C-AED0-571E2053EF5B