RCdesign-staff.blog

RC(鉄筋コンクリート)住宅専門の(株)RCdesign。こだわり実現のお手伝いをするスタッフのブログです。

空き家

RC(鉄筋コンクリート)住宅でオーナー様のライフスタイルを実現するために、日々研鑽を重ねています。
コンクリート住宅の素晴らしさや、スタッフの苦悩などをお届けいたしますので、末永くご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

空き家大国ニッポン!!【空き家問題 中編】



本日は久々に日野市の現場に行って来ましたが、やはり8月と比較して交通量がグッと減りましたね。
行き帰りの運転疲れも夏休みシーズンの大渋滞を経験すると少しは楽になったような​気がするので、何事も都合良く捉えると日々のストレスともうまく付き合えそうです。

どうも、水曜日担当のイマハシです!

本日もご閲覧ありがとうございます!!


さて、早速前回の続きに入らせていただきます。

先週は日本の空き家事情について、地方と都心で原因が違うことが分かった!というお話をさせていただきました。

今回は、海外での空き家事情の前に住宅に関する意識の違いという観点から調べてきたことをレポートさせていただきます!!


まず日本と海外の空き家率なのですが、
日本  13.6%​過去最高​(2018年)
アメリカ 約11%
シンガポール 約5%
イギリス 約2.5%
ドイツ 約1%!!!
もちろんこの中で注目すべきはドイツの1%です!
え、数字を見ればそりゃそうだって??

違うんです。ドイツは日本と同じく少子高齢化の国なんです!!
人口分布のグラフは日本と同じくツボ型です。
IMG_4698


人口は日本の約65%前後とやや少ないですが、様々な観点から見てデータへの影響は大きくないと考えられます。

では、なぜ空き家率に差が出たのか?

それは住宅を1世代限りの消耗品と考えるか、継承していく財産と考えるかの違いです。

日本では、高度経済成長期の人口激増で住宅不足に陥りました。

住むところがなければ生きていけませんから、大量の新築物件が乱立され、次第に国民は「質より量」「住宅は新築」という考えが染み付いていきました。

一方ドイツでも、19世紀から20世紀にかけて産業革命が起こり、日本同様に住宅不足に直面しました。

そして、やはり同じく新築住宅が大量に建設されたのですが、
  • 環境的・歴史的要因から頑丈なレンガ造りの建物が主流だった
  • 保守的な国民性であった
という点から長く住めて、次世代にも受け継いでいける住宅が多く作られたのです。


ここまで住宅に対するアプローチの仕方が違えば、長い時を経てこれだけ大きな差になるのも理解できますね!


このようなドイツ国民の考え方は、現代でも脈々と続いており、首都ベルリンでは築100年超の集合住宅がいまも現役バリバリで住まわれています。

日本で築100年って言ったら見学するところ、なんて思っちゃいそうですが…笑


と、ここまで日本とドイツの住宅への考え方の違いを書いてきましたが、いよいよ来週!やっと!ついに!遅くなりましたが…笑 実際ドイツではいまどうやって空き家率少なくしてんのさ?ってところについてお話ししようと思います!

私も想定外でしたが、3週目、突入です…

それではまた来週お会いしましょう

スポーツ大国ニッポン?【空き家問題 前編】




秋雨前線が全力でお仕事している今日この頃。
洗濯物を減らす為に、涼しくなっても空調服を着て、極力汗をかかないようにしています。

どうも、水曜日担当のイマハシです。
本日も閲覧ありがとうございます!

先日、じめついた日本にカラッとしたいいニュースが届きましたね。

男子バスケ日本代表、ドイツに勝利!

バスケ経験者でNBA(アメリカのプロバスケリーグ)をよく見ていた私からしたらこれは青天の霹靂とも言える出来事です!
バスケットボールは体格を含めた身体能力のアドバンテージが如実に出るスポーツの代表だと思っています。
NBA組の存在は大きいですが、それでも日本代表全体として血の滲むような努力の結果には違いありません。


タイトルにも挙げましたが、ここ数年は日本人スポーツ選手が世界で活躍することが多くなっているように感じます。

野球の大谷翔平、サッカーの久保建英、テニスの錦織圭・大坂なおみ、バスケの渡邊雄太・八村塁、それ以外にもゴルフやフィギュアスケート、様々なスポーツ選手が世界で活躍しています。

純粋に「凄いなあ。日本も進化してるなあ」なんて思ってたところ、少し前にラジオで耳にしたワードを思い出しました。

『空き家問題』

世界での日本人の活躍と空き家問題。

なんかリンクしなさそうな話にも思えますが、私はリンクすると考えます。
  • 少子高齢化
  • 若者の都心志向
  • グローバル化
少ない若者が、より良い働き口を探して都心流出、そして日本の雇用市場の縮小が世界進出を促しているのではないか…
実際、私も茨城から出てきたというのもあります。
無知ながらも一丁前に、この3つがキーワードかなぁなんて予想して調べてみたところ、思いも寄らぬ驚きの事実が!

東京23区で空き家増加中!

な、なんと!!それは知らなかった…


地方で空き家が増えているのは、やはり予想通り少子高齢化や地方の雇用に魅力を感じない若者が都市部へ流出しているのが要因、その結果として地方の実家に住む人間がいなくなってしまうという現状につながっているそうです。

一方、気になる23区での空き家増加は、
  • 地上げ
  • 立ち退き拒否
  • 権利関係者が複雑
などと言った地方とは違い、都市開発に基づく理由が並びました。

都市部と地方で異なる過程ではありますが、日本全体として空き家が増えているのは明確です。
じゃあこの問題はどうにかならんのか!

まだまだペーペーのイマハシですが、建設関係者の端くれとしては興味のある話です。

調査(と言ってもネットで調べた受け売りですが…)を続けてみると、気になるデータを発見しました!

それはどうやら日本と海外の住宅に関する意識や構造、精度の違いによるものらしいのですが、少し今回のお話とはテイストが変わるので、次までにしっかり調べ上げて皆様にお伝えしたいと思います。


それではまた来週お会いしましょう。

(ちょっと長くなりそうだから次回に回したなんてことはありませんよ。断じてありませんから。大事なことなので二回言いました。)

ギャラリー
  • やっぱりコンクリート現場打ちは違う‼️家を建てるならRCdesign!
  • やっぱりコンクリート現場打ちは違う‼️家を建てるならRCdesign!
  • 海太郎
  • 海太郎
  • 梅雨明け
  • やっぱり何事もチームワークが大事‼️家を建てるならRCdesign!
  • やっぱり何事もチームワークが大事‼️家を建てるならRCdesign!
  • ペアルック=お揃いとも言う
  • お別れ
記事検索
RCdesign公式facebook
ランキング参加中!
カテゴリー
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード