こんばんは。
火曜日担当、事務の佐々木です。

昨日、仕事後に帰宅すると
「ママ!レボリューションだよ!!」と
全く意味が分からないことを言っていた三女。

レボリューションの内容を聞くと
校長先生からの「宿題をやめます」という
衝撃的なお便りを見せてきました。

一人一人
分かる・分からないが違うのに
同じ宿題をするのはどうしてだろう
なので宿題をやめます
自分で計画を立てて
実行する力を身につけましょう
・・・という内容だったのですが

娘は5年生
学年プラス10分なので
自学時間は1時間。

自分で考えるなんて
出来るかなぁと不安になる子
宿題なくなったラッキーと喜ぶ子
自分で考えて良いんだとやる気になる子
色々な子がいると思いますが・・・

我が子はもちろん
やったぁ!ラッキー!な子でしたw

昨日
彼女が考えて実行した課題は
①自分で育ててるバジルの観察日記
②毛糸で工作
③リコーダーの練習

宿題やめたの意図は違う
そうじゃないんだよ・・・と

もう一度最初から一緒に
プリントの一語一句を読み合わせて
内容を理解して
今後の計画と進め方を考えました。

はたしてちゃんと出来るのか・・・